サーリオ 使い方

サーリオの使い方

 

サーリオは家庭で使えるとはいえ、医療現場でも使用できるほどの高機能なイオントフォレーシスです。
そんなサーリオなので、使い方が複雑なのでは?と思われるかもしれません。

 

>>サーリオ公式サイトはこちらへ

 

 

サーリオって本格的な装置だから使い方が難しかったらどうしよう?ちゃんと使いこなせるか不安。
あとドイツ製だよね。だったら、日本語の取扱説明書は付いているの?


 

が、ご安心ください。
とても簡単です。日本語対応のユーザーマニュアルも付属されているので心配いりません。

 

 

 

 

サーリオの簡単な使い方

 

最初にサーリオの簡単な手順を説明します。
ざっくりと理解したいときはここを読みましょう。

 

  1. トリートメントトレイに電極シリコントレイとフォームマット(スポインジ)をセットし、水を0.8〜1.0L入れます。
  2. 電極シリコントレイと制御装置を電気ケーブルで接続します。
  3. サーリオのパラメーターを設定します。
  4. トリートメントトレイに手や足を入れて治療を開始します。

 

パラメータ
  • 治療時間:10〜15分
  • 電流:1mA〜30mA(個人により増減する)
  • 電流パターン:直流またはパルス(直流の方が効果ある)。
  • 電流の方向(デフォルトでOK)

 

 

 

サーリオの詳しい使い方

 

サーリオの詳しい使い方を説明します。
ユーザーマニュアルも合わせて読んでください。

  • 付属品
  • 制御装置
  • トリートメントトレイ2枚
  • 電極シリコントレイ(黒)2枚
  • 電気ケーブル(白)2本
  • フォームマット(青)2枚
  • 電源ケーブル(電力供給装置)
  • ユーザーマニュアル
  • 詳細を記すためのダイヤリー

 

 

サーリオの使用手順

トリートメントトレイを水平な場所に置きます。
  • 両手の治療:机の上に二つのトレイを横に並べます。
  • 両手と足の同時治療:トレイは机の上、床に置きます。

 

トレイ部をセットします。

トリートメントトレイに電極シリコントレイ(黒)とフォームマット(青)をセットします。

 

電源を接続します。
  1. 電極シリコントレイ(黒)に電気ケーブル(白)各1本を接続します。
  2. 制御装置のE1とE2に電気ケーブル(白)各1本を接続します。右側のトレイ→E1、左側のトレイ→E2に繋げます。
  3. 制御装置に電源ケーブルを接続し、コンセントに電源プラグを差し込みます。
  4. 制御装置の電源をONにします。

 

水を入れます。
  1. フォームマット(青)が水に浸かるぐらいにトリートメントトレイに水を80mL〜1L入れます(2ヶ所)。
  2. 手や足、手のひらやかかとをそれぞれ完全に濡れるように水に漬けます。指やつま先側が3分の1ぐらいまで浸かる状態が最大の水位レベルです。

 

制御装置のディスプレイの電流信号が点滅し、時間が来ると自動的に止まります。

 

 

制御装置の設定(パラメータの設定)

パラメータの設定は、電気ケーブルや電源ケーブルを接続した状態で行ってください。

 

一回設定したら、何度も設定し直す必要はありません。
治療期間ごとに設定し、あとは微調整すればOKです。

 

 

操作方法
  1. 制御装置の電源スイッチをONにします。
  2. < >ボタンを使ってディスプレイの現在の設定置を変更します。
  3. SETボタンで決定します。SETボタンを押すごとに選択項目が下段へ移動します。

 

パラメータ 設定値
治療時間

10〜15分が推奨時間です。治療期間で変更してください。
デフォルトは0分。

電流設定

0〜30mAで設定します。
最初は少ない電流から試して、耐えられるところまで徐々に上げていきます。だいたい8mA〜15mAになると思います。
デフォルトは0mAです。

電流の種類

直流電流またはパルス電流を選択します。
直流電流は実線で表示され、パルス電流は点線で表示されます。

 

直流はパルスより効果がありますが、刺激が強いです。
敏感肌や脇汗治療の人はパルス電流を選択しましょう。

電流の方向

電流の流れる方向を設定します。
基本的には電流方向で影響はあまりありません。

 

手足の発汗を安定させるため、治療セッションごとに電流を逆にすると良いでしょう。
E1→E2またはE2→E1を選択します。

 

 

サーリオの治療期間

サーリオの治療時間は、初期第一の段階、初期第二の段階、継続の段階の3段階に分かれます。
口コミにもありましたが、最初は毎日治療する必要がありますが、いっかん発汗が止まったら持続させるために週に1〜2回の治療で済むようになります。

 

 

初期第一の段階
  • 治療期間は、10日〜14日
  • 毎日1回10分が基本です。
  • 可能な限り直流電流に設定します。
  • 電流方向は同じ方向でOK。

 

 

初期第二の段階
  • 治療期間は、3週間〜4週間です。
  • 毎日1回10分が基本ですが、効果によっては時間を短くしてもOKです。
  • できるだけ直流電流に設定します。
  • 電流方向は、同じ方向ではなく、交互に行います。

 

 

継続の段階
  • 1回15分を週に1〜2回行います。
  • 必要に応じて直流またはパルスを使い分けます。
  • 電流方向は同じ方向ではなく、交互に行います。

 

 

 

まとめ(サーリオの使い方)

サーリオの使い方を丁寧に解説しました。
トレイをセットし、電源を繋いで、治療したい手足をトレイに入れるだけの簡単な装置です。

 

パラメータ設定も項目数がそんなに無いので、想像以上に簡単だと思います。

 

>>サーリオ公式サイトはこちらへ