前へ
次へ

再び家庭教師の全盛期が訪れようとしています

今巷では再び家庭教師が大変利用されるようになっています。
今なぜ家庭教師なのでしょうか。
これには理由がありました。
今の高校生たちは、そのほぼ全員が、塾というものに通っています。
それではなぜ塾に通わなければならないのでしょうか。
それは学校の勉強のさせ方に問題があるからです。
子供たちが学校で学習している内容は、基本的な内容が多いので、それだけでは難しい大学受験に対応できません。
それでその隙間を埋めるのが塾の役割となっているのです。
それでは塾に通いさえすれば大学に合格できるのかと言えば、答えはノーなんです。
塾に通っていても、学校の成績が全く伸びないような子供達がたくさん見受けられます。
それらの子供達が最後に頼れるのが家庭教師ということになるんです。
費用対効果の面で見れば、それはあまり効率の良い方法ではありませんが、それしか子供を大学に入学させることができないのであれば、それも仕方のないことです。
大学の入試問題の作成者は、このような点も考慮してから入試問題を作成してもらいたいものです。

Page Top